豊胸術(バストアップ)・乳頭・乳輪

豊胸術バッグ挿入式

確実に、憧れのボリュームバストを実現!

豊胸術バッグ挿入式なら2カップ以上のサイズアップと半永久的な効果が望めます。長年のコンプレックスを解消し、胸元の空いた服を堂々と着ることのできる喜びを噛み締めて下さい。

手術の特徴と効果

挿入するバッグはコヒーシブシリコンバッグと、生理食塩水バッグの2種類です。特にコヒーシブシリコンバッグは優れた弾力性と安全性を兼ね備えており、一度の手術で一生涯効果を持続することが可能とされています。バッグは破れる心配がなく、万が一体内で破れた場合でも、中身がグミ状なので漏れ出さないような構造になっており安心です。

生理食塩水バッグも、当院ではFDA公認のアメリカンメントール製の高級品を使用しているため挿入後はマッサージの必要がなく、硬縮知らずの柔らかい状態を保ち続けることができます。万が一体内でバッグが破損しても体内に吸収され、尿として排出されるので体へ悪影響を及ぼしません。

施術方法と所要時間

わきの下のシワに沿って数センチ切開し、それぞれのバッグを挿入します。切開跡はシワになじんで次第にわからなくなります。
バッグの挿入方法には「川崎式大胸筋下法」「乳腺下法」の2つがあります。
川崎式大胸筋下法は、乳腺のさらに奥にある大胸筋下にバッグを入れる方法です。
痩せていて乳腺や皮下脂肪が発達していない方、皮膚の薄い方に適しています。
乳腺下法は、その名の通り乳腺の下にバッグを入れる方法です。授乳後にバストがしぼんでしまった方や、ある程度のボリュームがある方、皮膚の硬い方に適しています。
カウンセリング時に、体型を考慮してどちらが最適かご提案させていただきます。
手術時間は40分前後です。

川崎式大胸筋下法

【川崎式大胸筋下法】

乳腺のさらに下の大胸筋の下にバッグを入れる方法です。
痩せていて乳腺や皮下脂肪が発達していない方、皮膚の薄い方に適しています。

一般的な乳腺下法

【乳腺下法】

乳腺の下にバッグを入れる方法です。授乳後にバストのボリュームがなくなった方や、ある程度バストにふくらみがありさらに大きくしたいという方、皮膚の硬い方に適しています。

動画による説明

【 豊胸術 】
豊胸術について詳しくご説明致します。

気になる術後の経過

川崎式大胸筋下法は無痛麻酔で手術を行うため、従来の大胸筋下法と異なり痛みが少ないのが特徴です。術後の被膜硬縮が起こりにくいのもポイントです。

乳腺下法はもともとバストにある程度のボリュームがある方におすすめです。痛みが少ないというメリットもあります。バッグ交換によるサイズ変更も可能です。

挿入するバッグには、様々な種類があるため、安全性や特徴を理解した上で選びたいものです。挿入方法に関しても、大胸筋下法と乳腺下法があり、同じ形やサイズのバッグを入れても方法によって挿入後の仕上がりが変わってきます。体型に合わせた正しい選択には、経験豊富な医師に診断してもらうことをおすすめします。

症例写真

豊胸術バッグ挿入式

コヒーシブシリコンバッグ

豊胸術バッグ挿入式

通院の目安

1回目

カウンセリング

ご希望によってはカウンセリングと手術を同じ日に行うことができます。

2回目 手術
3回目 抜糸
4回目 術後経過の診察等、アフターフォロー

手術してよかった!体験談

施術料金

※当院の料金は税抜き表示になっております。
豊胸術バッグ挿入式
手術名 税抜料金
コヒーシブシリコンバッグ 175ccまで 600,000円
200cc~ 700,000円
生理食塩水バッグ 400,000円

施術料金一覧へ

お問い合わせ

オンライン予約

無料メール相談