ワキガ・多汗症

わきが・多汗症のボトックス・ボツリヌストキシン注射

注射1本で治療!メスを使わないワキガ治療

ワキに注射を打つだけで、臭いや汗の元に働きかけて症状を軽減できる方法です。効果に永続性はありませんが治療時間やダウンタイムが短いので、肌を露出する夏の期間だけの集中ケアとして行うのもおすすめです。

手術の特徴と効果

ボトックス・ボツリヌストキシン注射は、メスを使わずワキガ治療ができる画期的な方法です。ボツリヌストキシンをワキに注入するだけで、アポクリン汗腺とエクリン汗腺の働きを抑え、半年程度は臭いや汗が気にならなくなります。当院では、他院に比べ2倍の量を注入しているため、より高いワキガ抑止効果を実現できます。

ワキガなら、これだけで十分効果を実感できる治療法です。繰り返し注入を行えば汗腺の働きが弱まるため、持続期間を長持ちさせられます。(2回目以降は10%の継続割引となります。)

さらに、その後本格的なワキガ治療を受けたくなった場合は、10%引きで手術が行える優遇システムもご用意しています。

施術方法と所要時間

ボトックス・ボツリヌストキシン注射をワキの下に行うことで、一定期間ワキの下の汗と分泌物の臭いを抑えることができます。
所要時間は数分と短いので、手軽に施術が行えます。

使用するボトックス・ボツリヌストキシン注射は、持続性・効能に優れた米国アラガン社製の正規品と、厚生労働省が唯一認可したA型ボツリヌス毒素製剤「ボトックスビスタR」なのでご安心下さい。

動画による説明

【 ワキガ治療 】
ワキガの治療について詳しくご説明致します。

気になる術後の経過

汗と臭いの元である汗腺を取り除く治療ではないので、効果は半年程度と、永続性はありません。
続けて注射されるほうが、効果の持続力が良いといわれています。

効果の持続期間には個人差があります。

注射1本で手軽に汗とニオイを抑えることができる方法ですが、ボトックス・ボツリヌストキシンの品質や濃度によっては効果がでない場合もあります。高品質のボトックス・ボツリヌストキシンを、効果的な濃度で使用してくれる、信頼できるクリニックを選ぶ必要があります。


リスク・副作用・合併症について

内出血について

ボトックス等の注射器を用いた治療において、最も起こりやすいリスクに治療後の部位に内出血を生じるケースがあります。これは、治療の際に偶発的に注射器の針が部位の細い血管に当たってしまうことによって引き起こされるもので、当院におきましては約10人に1人程度の割合で内出血を生じる患者様がいらっしゃいます。内出血が起こってしまった場合、消えるまで約1〜2週間適度かかりますが、治療後翌日からメイクをすることが可能ですので、運悪く内出血が出てしまった場合でも、ファンデーションやコンシーラー等で目立たないようにすることができます。当院の医師が丁寧に治療を行っておりますが、内出血を生じないようにするためにも、治療後はできるだけ安静にすることを心がけていただき、激しい運動や長風呂・サウナ・暴飲暴食・深酒などはお控えください。また、治療後の部位を必要以上に触ることも皮膚に負担をかけるため必ず控えてください。

アレルギーについて

ボトックスは神経のつなぎ目で神経伝達物質であるアセチルコリンをブロックする以外の作用はないため、一般には副作用が非常に少ない薬として知られていますが、それでもボトックスによるアレルギーの可能性はゼロではありません。過去にボトックス治療を受けてアレルギーを経験した方、使用中の薬剤がある方(特に抗生物質、筋弛緩剤、精神安定剤など)、喘息などの慢性的な呼吸器疾患や緑内障のある方は、ボトックス治療をお控えください。

感染症について

当院では感染症を予防するため、薬剤の使用期限はもとより、注射器・注射針を始めとした治療器具の滅菌・消毒など、徹底した感染予防対策を行っております。しかし、どれだけ慎重に感染予防対策を行っていても、感染症を100%予防することは困難で、ごくまれに感染症によって治療後翌日〜数日ほどで部位が赤く腫れて、痛みをともなう方がいらっしゃいます。当院では感染症を発症してしまった患者様におかれましては、抗生剤の投与などで最善の処置を行わせていただきます。

妊娠中の方治療を受けることができないことについて

妊婦、妊娠している可能性のある方および授乳中の方に対する安全性は確立されていないため、これらに該当する方へのボトックス治療は行えません。ただ、妊娠中にそれと知らずにボトックス注射を受けてしまった場合、必ず身体に悪影響があるというわけではありません。妊娠していると知らずにボトックス注射を受けてしまった方が、その後元気な赤ちゃんを問題なく出産したという報告も多数あります。とは言え100%安全だと言い切れないため、妊娠中・妊活中にはボトックス注射は控えておくべきでしょう。

注射後の一時的な部位の筋力の低下について

ボトックスの注入により、一時的に注入した部位の筋肉の力が弱く感じることあるということがあります。これはボトックスの作用によって一時的に筋肉を萎縮することによるものです。注射後2〜4週間くらいかけて徐々に筋肉が萎縮して小さくなっていきます。その過程で筋力が弱くなったと感じる方がまれにいらっしゃいます。とはいえ、日常生活に支障が出るほどのものではなく、普段どおりに生活をすることが可能です。

希望通りの仕上がりにならない場合について

希望通りの仕上がりにならない場合でもっとも多いのが、顔の左右でわずかな差が出るということです。これは、そもそも人間の顔にが左右差があり、骨はもちろんのこと筋肉や脂肪の付き方やシワの具合など、顔の右と左ではそもそもの土台が異なるからで、たとえ左右で同じ位置に同じだけの薬剤を注入したとしても、わずかな左右差は必ず生じるものです。当院ではなるべく左右差ができないよう、患者様の部位の状態を把握しながら丁寧に治療を行っていますが、左右差のない100%完璧な仕上がりをお約束することはできません。あらかじめご了承ください。

施術料金

※当院の料金は税抜き表示になっております。
手術名 税抜料金
ボトックス・ボツリヌストキシン注射 プチ整形
注射後、もっと効果を出されたい場合は、
    1ヶ月以内に50,000円(税抜)で追加することも可能です。
男性もしくは女性で汗が多く有毛範囲が広い方は
100,000円
小児や有毛範囲は狭いが汗や臭いが気になる方は
70,000円

当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

施術料金一覧へ

お問い合わせ

オンライン予約

無料メール相談